【仏ヶ浦】~神秘的な巨岩と海の楽園~ in 青森県佐井村

ツバサです!今回は青森県佐井村の「仏ヶ浦」を紹介させていただきます。

道中、いくつもの山を越えて仏ヶ浦に向かっていたところ、なんと野生のサルを発見!

 

 

すぐ逃げてしまいましたが20匹程は見られました! 調べてみるとこのニホンザルは、世界で最も北に生息していて北限のサルと呼ばれているようです。 そんな光景も相成って、徐々に自然に引き込まれていくと山の中、急に仏ヶ浦の駐車場が現れました。

 

 

駐車場に車を止め、仏ヶ浦までは山道を下りていきます。 遊歩道は整備されていますが多少長い道のりのため、歩きやすい服装で来ることをぜひ推奨します。

遊歩道から仏ヶ浦までの360度動画をご覧下さい!(VRゴーグルで見ると雰囲気が増し増しです)

 

 

あぁ美しい。木々を抜けたその先には異世界のような光景が広がっていました。

 巨大な白い岩と、宝石のような青さの海が織りなす景色に思わず息をのみました。 私たちが訪れた日は、平日で人気が少なくこの絶景を満喫することが出来ました。最高でした。

 

 

これらが360度動画で撮ったエリアです。綺麗な海を見ながら浴びる潮風が気持ちいい。 青森市~函館市間のフェリーも見えました!なんかいい。波も穏やかなこともあり、すごい安らぎます。

白い巨岩群は2000万年前の火山活動で堆積した火山灰による凝灰岩です。 長い年月をかけ雨や風や波などによって徐々に削られ、現在のような自然の造形美が出来ました。

ちなみに「仏ヶ浦」の由来は、アイヌ語の「ホトケウタ(ホトケのいる浜)」が訛ったものなようです。 確かに、浄土の雰囲気が出てますもんね。

 

 

山道を抜けて左側のエリアの景色がコチラです。 巨岩が多く群がり、その間を抜けると別の景色が広がります。

1枚目に小さくぽつんと写っているのが私(175cm)です。 写真でもその大きさが分かりますが、生の迫力には圧倒されますよ! 巨大な者に心惹かれる僕たちは興奮が押さえられませんでした(笑)。

 

 

また、この仏ヶ浦は青森県の東側の半島東端に位置し、西側の半島や、北海道が天気が良ければ見られる距離にあります! 個人的にこうゆう地形を感じるの好きです(笑)。

駐車場から遊歩道を歩いて行くのもいいですが、調べると船でまわることも出来るようです。 海上での遊覧も折り重なれば、様々の景色を見られてさらに楽しめそうですね。 ぜひ訪れてみてください! それではまた☺

 

アクセス 仏ヶ浦駐車場 〒039-4712 青森県下北郡佐井村長後(Google Map

 

【飯坂温泉】~奥州三名湯がひとつ~ in 福島県福島市

 ツバサです!今回は福島県福島市にあります、温泉地の飯坂温泉を紹介します。ちなみに上の写真は飯坂温泉駅から撮りました!
 
  飯坂温泉は、奥羽(現在の東北)代表するの歴史ある温泉です。
昔は「鯖湖の湯(さばこのゆ)」と呼ばれていました。
 
江戸時代に松尾芭蕉が奥の細道の途中に立ち寄ったとされています。
 
鳴子温泉(宮城県大崎市)、秋保温泉(宮城県仙台市)と共に奥州三名湯のひとつがこの「飯坂温泉」なんです。
 
 上の写真は摺上川(すりかみがわ)の川縁に建つ、旅館やホテルです。
 
こうして見ると、連なる建物の景色はまさに絶景です。
 
旅館やホテルは歴史あるものから新しいもの、さらに色とりどりなそんな景色に、どこか不思議な気持ちも覚えました。
 
この日はあいにくの雨模様でしたが、それがこの不思議な気持ちを強くしたのかも知れません。
 
 川縁ではないところにも、多くの旅館・ホテルがあります。
 
どれも魅力的で、宿選びには時間がかかってしまいそうですね(笑)。
私たちもある旅館に宿泊しました。
 
 それがこちらの伊勢屋です。お城のような外見が特徴的な旅館です。大浴場、露天風呂の他に貸切風呂もあります。
 
特に露天風呂の「野天風呂」は美しい庭園にある温泉のようで、心も身体もすっかり癒やされました。
要チェックです。
 町を歩いてると、こんなところがありました。
 
旧堀切邸広い敷地には綺麗な庭に、歴史ある邸宅がありました。
 
時間の都合で全然見られませんでした、、、次来たときはじっくり見たい!
 他にもこんなところが。こ、これは心くすぐられました。
 
なんともレトロな大衆浴場ですね。古くからの温泉街ならではの景色です。
 
飯坂温泉には、このような共同浴場足湯が数多くあります。
それらを回る1日も贅沢な素敵な1日ですね。
 
町にはまだまだ魅力がありそうです。宿泊する旅館やホテルはもちろんのこと、この温泉地まるごと楽しめます。
 
ぜひ一度訪れてみて下さいね。それだはまた☺
 

 

アクセス

飯坂温泉
 
飯坂温泉オフィシャルサイトはコチラ
 
〒960-0201
福島県福島市飯坂町湯沢
 
☎ 024-542-4241
 
 
 
伊勢屋
ホームページはコチラ
 
〒960-0201
福島県福島市飯坂町西堀切22 
 
☎ 024-542-3131
 

【川原毛地獄】~まるで極楽、まるで地獄~ in 秋田県湯沢市

 ツバサです!今回は秋田県湯沢市にあります川原毛地獄(かわらげじごく)を紹介させて頂きます。
 
川原毛地獄、、、名前からして何とも不気味なイメージを抱いてしまいます。岩手県側からひたすら山道を走って行くと、突如その景色が見えました。
 
 
 そこだけ山肌が真っ白になっており、何とも不思議な光景でした。注意書きにあるよう所々でガスが発生しており、強い硫黄の匂いがしました。
 
 川原毛地獄は青森の恐山、富山県の立山と並び「日本三大霊地」のひとつです。それを事前に調べていたため、この景色に空気に、心なしか何かパワーを感じました。
 
 
 こちらは川原毛地獄のドローン映像になります。上から見てもやはりこの景色は不思議ですね。ですが単に景色としてはとても綺麗です。石灰?が混ざった池は幻想的な色をしています。
 
 
 川原毛地獄には遊歩道が整備されており、敷地内を歩くことが出来ます。私たちが訪れた際は、猛毒ガスの発生により一部立ち入り禁止の区間がありました。
 
 所々で黄色く変色し、ガスが発生していて、腐卵臭も広がる荒れた山はまるで地獄のような不気味な景色です。
 
(360度で見られない方はコチラ、もしくはYouTubeアプリでご覧下さい。)
 
 
 こちらは川原毛地獄の遊歩道の360度映像です。少しでも不気味さは伝わりましたか?
 
 下は砂利道で斜面を歩くため、歩きやすい服装で来ることをオススメします。
 
 
 遊歩道は斜面に沿って、山の方へ奥まで続いていました。当日はひと気がほとんどなく、静けさがより不思議な気持ちにさせました。
 
 
 更に下ると、川が見えてきました。川からは湯気が出ていましたが、実は熱湯らしくくれぐれも触らないようにとのこと。
 
 霊地ということで地蔵菩薩がありました。更に山道は続いていて、川原毛大滝に続いているとのこと。せっかくなので向かってみました!
 
 
 山道を歩くと滝に着きました。岩肌の色具合が何とも綺麗です。しかもこの滝、実は温泉になっているんです。滝自体が温泉というのは珍しいと思います。
 
 触った感じぬるめでしたが、気候・天候等によって温度は左右されそうです。シーズン中ですと、水着を着用して入浴できます自然に、滝に囲まれての温泉はまるで極楽の秘境温泉です。また来てぜひ入りたい!
 
 
 地獄のような景色と、極楽のような温泉がある川原毛地獄、ぜひ訪れてみてください!それではまた☺
 

 

アクセス

 
〒019-0404 秋田県湯沢市高松川原毛 (Google Map
※駐車場あり
 
湯沢市ホームページ(交通情報は要チェック)