【ぎょうざ・らーめん おがた】~フォトジェニック餃子~ in 福島県福島市

 ツバサです!「福島わらじまつり」で福島に訪れた際、ふくしま餃子を食べてからというもの餃子の虜になってしまいました(笑)。
 
今回の福島撮影でも、絶対に食べたいと思っていました。
 
特に前回食べられなかった円盤餃子を是非食べたい!と考えていました。
 
福島撮影の際に飯坂温泉で念願の円盤餃子にありつけました!
 
そこで今回は、滞在した飯坂温泉周辺で見つけた円盤餃子のお店ぎょうざ・らーめん おがたを紹介させて頂きます。
 
 さっそく円盤餃子を注文!
 
 
 焼きたてほやほやの円盤餃子がコチラです!想像以上の美しさ
 
まるで花のような餃子の並びといい、絶妙な焼き加減、、、
その見た目からおいしさがもう伝わってきました。
 
見れば分かる、うまいやつだ。さらにこのフォトジェニック
 
 ではでは頂きます!
 
 
 もった感じ、焼き目の部分はかたくなく、全体的にもちもち
 
自家製のタレをつけて、、、パクり。
 
 
 もっちりとした薄皮には、餡がたっぷり肉汁じゅわ~
 
お肉とニンニクの旨みが効いてきます。
 
こってりさは感じず、野菜とお肉とにんにくを、皮が美味しくひとつに包み込んでいます。
 
 これは止まらないッ!たまらずひとり一皿いっちゃいました(笑)。
それでもしつこさがなく、後味も良し。
 
 大好きなラーメンも一緒に注文!
 
 醤油ベースの優しいおいしさ。餃子にぴったりの味です。
スープが絡み合う細麺、ジューシー厚めのチャーシュー。
 
餃子と一緒にいっても、これまた止まらない。
ここにビールがあれば幸せの他ありません
 
 念願叶ってホントに幸せです。
 
 
 なんとコチラのお店では、電話でのご予約円盤餃子のお持ち帰りが出来ちゃうんです。
 
飯坂温泉から程近くにあるので、旅館・ホテルで食べられますね。
 
心地いい温泉に、美味しく美しい円盤餃子。
最高の思い出の完成ですね。
 
 是非とも訪れてみてください!それではまた☺
 
 

アクセス

 
〒960-0201
福島県福島市飯坂町小滝14 
 
☎ 024-542-5958
 
営業時間 17:00~22:00(火曜定休日)

【餃子の丸福】~ジューシー餃子に飯テロチャーシュー~ in 福島県福島市

 ツバサです!福島わらじまつりの撮影の際、僕たちは福島市に滞在していました。
福島の名物グルメと言ったら何が思いつきますか?
 
喜多方ラーメン」「ソースカツ丼」食材で言うと「などが自分は思いつきました。
地元の方に話を聞くと意外にも「餃子」を勧められました!調べてみたところ、ふくしま餃子は戦後か始まりその歴史は古いんです。
 
「ふくしま餃子」の一番の特徴は綺麗に並べられた円盤餃子です。
調べて猛烈に餃子が食べたくなり、近くにあったある餃子のお店へ、、、。
 
 そのお店が今回紹介する餃子の丸福です。お店に入ると早速餃子を注文しました。こちらです!
 
 
 「餃子の丸福」の餃子は円盤ではないようです。
 
ですがカウンター席で隣になった常連さんから面白い話が伺えました。
 
お店は歴史が古く、ひと昔前にここの店主が円盤餃子を広めたんだそうです。
 
こちらのお店では昔ながらのスタイルで提供しています。
 
 ではでは頂きます。
 
 
 ちょうどいい一口サイズの餃子を口に運ぶと、、、、「?!」肉汁がジュワー旨みがどばーっと溢れました。餃子の概念を変えられるような程の衝撃でした。(久々に餃子を食べた私的には)餡のおいしさが、ダイレクトに伝わります。
 
お店で出されたタレにはにんにくが含まれていて、それがこの餃子とベストマッチ。この作り方を知りたい!すっかり、餃子が大好きな食べ物になりました。単純な男です(笑)。
 
 他に、常連さんに勧められた料理を注文。
 
 こちらはチャーシューサラダ
 
なんて美しいんでしょうか。目の保養になりますね。飯テロですね。
 
写真を見て分かるよう、このチャーシューにはパサつきがなく、ジューシーなんです。
 
しっかり味もしみこんでいます。なおかつ、しつこさがなくバクバクいけちゃいます。
確かにサラダのネーミングが頷けます。
 
 チャーシューに惚れてしまい、ついついチャーシュー麺も注文。
 
 あっさりとした醤油ベースのスープとチャーシューの組み合わせは抜群です。
 
シメの一杯にはたまらないんでしょうか。
ペロリといけちゃいました。
 
すっかり満たされました。
アクセスも良く福島駅から程近くにあります。
 
訪れた際にはぜひ行ってみて下さい。それではまた☺
 
 

アクセス

 
〒960-8032
福島県福島市陣場町6−20 
 
☎ 024-535-1490
 
営業時間 18:00~23:00 ※日曜定休日

【宝介】~岩手発祥 元祖ニラ南蛮ラーメン~ in 岩手県遠野市

 ツバサです!
今回は宝介というラーメン屋さんを紹介したいと思います。
 
「宝介」は東北各地に店舗を構え、本店は岩手の盛岡市にあります。
今回は岩手県遠野市の店舗に行ってきました。
 
 外観はこんな感じです。
見て分かるよう、宝介はニラ南蛮らーめん」「みそ豚骨らーめん推しのようですね。
 
実は僕自身、高校時代「宝介」の本店によく通っていました。
 
おいしさはもちろんのこと、ある理由があってよく行ってたんです。
それはこの後話しますね。
 
 メニューはこちらです。どれも特徴と魅力があって迷いますね。
 
右上を見て分かるよう、ラーメンにたった+110円でライス・ニラキムチ・白菜キムチが食べ放題なんです。
 
しかもこの店舗ではランチタイム無料でした!これが通っていた理由です。
 
野球部で食べ盛りの高校生の音かを大満足させてくれました。
 
リョウスケは元祖ニラ南蛮ラーメンこってり味自分はスタミナ豚骨麺を注文しました
 これらは味変にも使うんですが、ラーメンを待つ間、キムチと米で軽く一杯いっちゃいました(笑)
 
辛めのキムチが良く米に合うんです。
 

 

 これが「ニラ南蛮ラーメン」。ベースの豚骨スープはクセが強くないこってり系で、中太麺に良く絡みます。
 
チャーシューは口の中でとろけました。もやし、ニラキムチ、キムチを自分好みで加え、最後は自分自身で仕上げます。
 
宝介はニラ南蛮ラーメン発祥の店と言われており、これはまさに逸品です。
 
 
 続いて、自分が頼んだ「スタミナ豚骨麺」ニンニクとニラが、ガツンと効いたスープは食欲を増進させました。
 
自分は、ニラキムチをたっぷり、そこへサイドにあるにんにくをさらに加えました。
 
幸せのできあがりです。
 
シメにこのスープとキムチで、ご飯を頂くのがたまらないのですが、現在のおなかのキャパでは食べられませんでした(笑)
 
 味変でき、最初から最後まで満足に食べられます。イチオシです!是非とも訪れて欲しいです。それではまた☺
 
 

アクセス

 
〒028-0541
岩手県遠野市松崎町白岩1地割 岩手県遠野市松崎町白岩1地割10-6
 
☎ 0198-60-2320
 
営業時間 11:00~21:00
月曜定休日

【幡龍】~激辛激うまラーメンに挑戦~

 どうもこんにちは、マサシです!全国で記録的豪雨ですね。(2018.6月現在)
みなさんは大丈夫ですか?無事を祈ります。
生憎の大雨ということで予定していた秋田の撮影は中止で弘前市にある「幡龍(ばんりゅう)弘前城東店」という中華料理店に行ってきました。青森県の津軽地方で展開しているお店です。
僕たちはこれらを注文!
 様々あるメニュー(記事後半に写真あります)の中から私たちは、それぞれユーリンチー定食チャーハン餃子、そしてネギラーメンの鬼辛👹を頼みました。
 
鬼辛のネギラーメンは3人で協力して食べました。(大半はツバサが食べた)
 
鬼辛の感想は旨味がすごい!けど辛い!でも美味しい!という葛藤という感じでした。
スープまで飲みほすべく頑張りましたが無理でした笑
 
激辛を食べたい人などぜひ挑戦してみてください!
辛いのが苦手という方もとてもおいしいので辛さを控えめにして食べてみてください!
 
その他のメニューもお昼に食べたとして夜も食べたいと思える味でした!(今の気持ち笑)
 
弘前市の他にも藤崎町や浪岡町などに店舗があります。興味のある方はぜひ行ってみてください!!
 
↓訪れた当時の幡龍のメニュー

アクセス

 
〒036-8084
青森県弘前市高田3丁目1-4
 
営業時間 平日 11:00~15:00 17:30~22:00
     土日 11:0~22:00
 
☎ 0172-88-8161