サイトアイコン TOHOKU QUEST~さあ行こうまだ見ぬ世界へ、東北は貴方を待っている~

【石ノ森萬画館】~仮面ライダー好きは集合!~ in 宮城県石巻市

 ツバサです!今回は宮城県石巻市にあります石ノ森萬画館を紹介させて頂きます。そこにはロマンがたっぷり詰まっていました。
 
 宮城出身の石ノ森章太郎は、世代を超えて愛される「仮面ライダー」や「サイボーグ009」の生みの親です。
そんな石ノ森章太郎の作品を見て、学んで、体感できるミュージアムがこの「石ノ森萬画館」です。
 
 
 外観はこのようになっています。不思議な形ですよね? これは石ノ森章太郎自身が、宙船をイメージしてデザインしたそうです。
 
 確かに言われてみると、巨大なUFOにも見えました。キャラクターが迎え入れてくれて、気持ちが高まります。
 
 
 
 コチラは屋外展示の1つ。仮面ライダードライブで実際に使われていたトライドロンです!大学生の自分が見てもかっこいい。
 
 

 

 当日、入り口で屋外でライブパフォーマンスが行われていました。私達が訪れた日は、マンガッタン文化祭2018というイベントが行われていました。当日は多くの人で賑わっていました。
 
 石ノ森萬画館では、このほかにも年間を通して様々なイベントが行われています。それにしてもパフォーマンスがかっこよすぎます。
 
 
 こちらは1Fの様子です。石ノ森章太郎作品に関連したグッズショップとなっています。このフロアは無料で訪れることが出来ます。このミュージアムについての展示もありました。
 
 2Fに向かう道です。この道を歩くだけで高揚感を覚えてしまいました。この変身しているのは「人造人間キカイダー」です。
 
 メインの展示となる2Fは有料エリアになります。企画展示も行われていましたが、そちらは撮影禁止でした。企画展示では原画を見て、こうして出来てるのかと学べました。
 
 
 2Fのメイン展示(有料)のサイボーグ009のエリアです。等身大?のフィギアが並び、迫力がすごいです。僕自身、サイボーグ009は見たことがありませんでした。ですが、解説を見るとストーリーがめちゃくちゃ面白そう。帰って早速読みました!(笑)
 
 
 そしていよいよこちらは仮面ライダーのコーナーです。高揚メーターがこの日のMAXでした。歴代の仮面ライダーの仮面が並んでいます。こうして生で見ると、想像よりずっとどれも格好いいです。
 
 
 ちなみに、僕がちょうど見ていたのは1枚目あたりのシリーズです。みなさんのイチオシは何ですか?大人になった今、見直したくなっちゃいました(笑)
 
 最近のシリーズは分かりませんが、最新の仮面ライダーめっちゃかっこよくないですか?よく見ると「ライダー」の文字が見えますね!
 
 
 他にも数多くの展示があり、様々な仕掛けがあったり、とっても楽しかったです。上の写真はその一部です。ちゃんと中を見たい人は、実際に訪れてみて下さいね(笑)
 
 
 
 こちらは3Fにあった色紙集です。3Fは無料でまわることが出来ます。アニメを描く体験や、マンガを読んだり、カフェでゆったりも出来ます。
 
 
 また屋外で定刻に、ミュージアムの中からキャラ達が龍に乗ってでてきます。見られたらラッキーですね!
 
 
 帰り際のライブパフォーマンスの様子です。ただただすごい!!完成まで見ていたかったです。
 
 時間をかけてじっくり楽しめるミュージアムでした!親子で訪れれば間違いなしですね。ぜひ訪れてみてください!それではまた☺
 
 
 

アクセス

 
石ノ森萬画館のホームページはコチラ
 
〒986-0823 宮城県石巻市中瀬2−7 (Google Map
 
☎ 0225-96-5055
 
営業時間 9時00分~17時00分 (※火曜定休日)
 
観覧料
(①個人  ②団体(20名~)  ③年間パスポート)
 
大  人  ①800円  ②640円  ③2000円
中高校生  ①500円  ②400円  ③1000円
 小学生  ①200円  ②160円  ③ 500円
モバイルバージョンを終了